中国で日本商品代行購入/販売が違法に

中国でついに代行購入が違法になる! 中国で代行販売が活発なのは、多くの方も今は知ってるかもしれません。 日本やヨーロッパアメリカなどに旅行した際に、チャットアプリWeChatなどで「何か必要なものがあれば代行で購入してきますよ」とメッセージを流し、代行で購入してくる代わりに何%とか追加料金を要求して利益を得ると言うお小遣い稼ぎのような行為です。...

百度の検索表示トップ表示には、ICP証明書が必要って??

中国で60%以上の方が使っている検索サイトと言えば百度です。新しくサイトを作ったら、もちろん中国でこの検索サイトで上位に表示されたいと多くの方が思います。 一方で、多くの方がウェブサイトを作ればすぐにIDで検索されやすくなると思っています。残念ながら、全くそうではありません。むしろ1ページ目どころか、20ページを見てもどこにも自社のサイトがないと言う事に驚かされることになると思います。 情報統制がされている中国では、この百度で検索で上位に表示されるためには、いろいろな前提条件があります。...

WeChatミニプログラムとWeChat公式アカウントの違い~中国チャットアプリ「微信(ウェイシン)」解説~

テンセントが提供する中国のチャットアプリ「微信(中国語読み:ウェイシン、英語:WeChat、ウィーチャット)」の機能であるWeChatミニプログラムとWeChat公式アカウントは、すべてテンセントのWeChatアプリケーション内で構築されています。 2018年05月25日で500日を迎えたWeChatミニプログラムですが、まだまだどんどん成長していきそうな気配です。...

香港ウェブサイト制作専門会社の強み

香港でウェブサイト制作を考えている方にぜひお伝えしたいことがあります。それはウェブサイト制作会社をどうやって選ぶかと言う事についてです。 香港でウェブサイト制作しようと思った時に、選べる会社のタイプは3つに分けることができます。 1つ目はサーバーやシステム開発会社です。 システム開発やサーバーの維持管理などもしているのでIT系の会社だからウェブサイトも作れるだろうと言うことで注文する方がいらっしゃるようです。 2つ目はネットサービス系の会社です。情報サイトなどを運営しているので自社で作れるだろうと言うことで注文されるでしょうか。...

中国を含む世界で安心して使えるCDNはこれだ!

ホームページを劇的に速く表示させる方法として、ここ数年でどんどん知名度が増しているCDNですが、中国これは今までほとんどちゃんと使えないものばかりでした。 そもそもCDNって何? シーディーエヌとはサーバーの負荷を分散させて高速で安定してホームページを表示させるための手法です。世界中にサーバーの中継点を設置してそこにもサイトデータを保存してそれぞれの地域から早くデータを取得して早くホームページを表示させることが出来ます。 現在では、多くの会社で無料版と有料版を提供しています。...

香港・深センホームページ制作で選んではいけない会社の特徴

香港ホームページ制作会社のタイプとは 香港では様々な会社がホームページ制作を行ってくれますが、本来の業務ではない会社までホームページ制作を行っているので、様々なトラブルに巻き込まれがちです。 ここではタイプ別に香港のホームページ制作の会社を紹介したいと思います。 安さを売りにしている会社 とにかく安さを売りにしている会社です。香港ローカルの会社であったり、ホームページ制作の実績があまりない会社のことが多いです。また最近では日本の会社で安売りしている会社があります。...