香港ホームページ制作料金はどうなっているの?

香港でホームページ制作をするときの料金はいくらぐらいでしょうか? このページでは香港でホームページ制作をするときの料金についていろいろな角度から検証してみたいと思います。

日系とローカルの違い

まず1番最初に検討しなければいけないのは香港で日系の会社を探すのかそれともローカルの会社を探すのかと言うことになると思います。この2つで同期に大きな違いがありますがもちろん品質にも大きな違いがあります。 10ページ位の簡単なホームページで問い合わせフォームをつけた場合の料金で言うと、日系企業だと大体18,000香港ドルから25,000香港ドル位になると思います。逆に香港ローカルに依頼をするとその30%から50%引きの料金で制作することができます。料金だけで見ると香港ローカル企業の方が良いように見えますね。実はここに落とし穴があります。 香港で10年以上ホームページ制作の業務に携わってきて色々な方の体験談を聞いてきました。 1番多いのが、 「香港のローカルの企業に頼んだけれども、なかなかイメージ通りにならずもう1年も過ぎたので諦めかけていました。」 「そもそも言葉も出ないのでイメージが全く伝わらない」 「デザイン感覚が違いすぎて説明してもできあがらない」 「制作できますと言いながらいつまでたってもその機能ができあがらない」 といったような意見です。簡単に言うとコミニケーションがうまく取れない上に品質にも問題があり、デザインと機能ともにいつまでも完成しないと言うことになっているようです。 これだといくらで起きなくても本末転倒ですね。

日系のホームページの大きな違い

そして、ローカル企業を探して失敗した方は次にほぼ日系のホームページ制作をしてくれる会社を探す事が多いようです。 実は残念ながら、ここでも大きな問題があります。 最近聞いた話では「スマートフォン対応できます」と言われてホームページ制作を依頼したところ、ただパソコンで見るのと同じデザインがスマートフォンで見ることができるだけの、 スマートフォンで見ると文字が小さすぎてとても読めないようなホームページが出来上がってきたと言うことでした。 これはスマートフォン対応とは言わないですね。通常スマートフォン対応とはスマートフォンで見てもスムーズに読めるようにデザインが自動的に変更される機能が付いているホームページのことをいいます。専門用語で言うとレスポンシブデザインと言うことになります。 ホームページ制作で失敗しないためには、ホームページ制作企業にまずは「レスポンシブデザインの制作は可能ですか?」と聞いてみると良いでしょう。 相手が一瞬わからなそうな顔をしたら、そこの会社にはもう二度と連絡しない方が良いでしょう。

ホームページ料金の内訳

次にホームページ制作の料金の内訳についてです。ホームページの制作料金は基本的に以下のような項目があります。 ホームページ制作の進捗管理をする監督料金、ページ数、バナー画像デザイン、言語数、機能開発の種類と数、ホームページアドレスの取得や管理、そしてサーバーの保守管理レンタルなのです。 香港でホームページを制作するときに気をつけなければいけないのは、特に言語のところでは無いでしょうか?会社によっては日本語だけでなく香港の繁体字も追加したい場合は料金を大幅に釣り上げるところもあります。一般的には日本語で本ページを制作してさらに繁体字を制作したい場合は料金が30 %増から50%増位になると思います。料金が2倍請求してくるところは、そもそも作業が効率化されておらずどうしても2倍請求しなければいけないと言うことなのかもしれません。という事は制作のノウハウが古いと言うことなので、やはりもうその会社は探さない方が良いでしょう。

実は落とし穴なランニングコスト

ホームページは制作した後もホームページアドレスを更新する必要がありますし、サーバーもレンタルする必要があります。 さらに実はホームページと言うのは常に攻撃され続けているので、保守管理もできればちゃんとしたほうがいいです。 多くの方がホームページを作ればも料金はかからないと思ってらっしゃるかもしれませんが、実は毎年ホームページアドレスの更新とサーバーの料金が掛かります。 これ以外に、もし自分で簡単に修正ができないようなホームページであれば修正を依頼する必要があるので、修正料金がランニングコストとしてかかってきます。 そのためなるべく自分で簡単に更新ができるようなホームページを作ってくれるホームページ制作会社を探す必要があります。 「ホームページの修正は、専門家がプログラミングで修正をするので仕事には無理です」と言ってくる会社は要注意です。旬のホームページは比較的誰でも簡単に文字の修正ぐらいはできるようになっているので、自分で簡単に更新ができないようなホームページは実はおかしいのです。

前金と残金

さて料金の支払い方法についてですが、通常ホームページ制作は完成後に全額支払いではなく、前金と残金に分けてお互いのリスクを軽減する方法がとられています。一般的には前金が50%で残金が残りの50%と言うことになります。もちろん前金を開始時に支払いをし、残金は完全納品が終わった段階で支払うと言うことになります。

支払い方法

香港のホームページ制作で支払い方法についてですが、ホームページ制作料金の支払いは小切手または銀行振込になると思います。その際には香港の会計処理をするためにインボイスの発行等をしっかりしてもらうように言ったほうがいいですね。 また個人で非公式にビジネス行ってる方もいるので、支払いの銀行口座が個人名だったりする場合は取引はやめたほうがよさそうです。 ホームページが無事に完成したとしてもその後連絡が取れなくなってしまったりすると、アフターフォローがしてもらえず、いきなりホームページが攻撃されてたり、なんだかんだ問題があったときに対応してもらえないことになります。 こういう時に結構困るのが、ホームページアドレスの設定やサーバーの設定プログラム修正なので基本的なログイン情報などもない場合は修正自体が非常に困難になるということです。 そのため1個人がこっそりやってるようなホームページ制作ではなく、やはりしっかりとした企業に頼む方が良いです。現代では料金もさほど変わらなくなってきてるようです。

香港で日本人が安くよいホームページを作成したい場合、どのような方法があるでしょうか?

香港でホームページを安く作成するには、次のような方法があります。
  1. テンプレートを使用する
  • ホームページ作成プラットフォームや、HTMLエディターには、簡単にカスタマイズできるテンプレートがたくさん用意されています。テンプレートを使用することで、デザインを工夫する必要がなく、簡単にホームページを作成することができます。
  • メリット:一番安く作ることができます。
  • デメリット:検索エンジン最適化(SEO対策)がちゃんとされていないことが非常に多い。日本語でグーグル検索しても自社が見つからないというトラブルも多発しています。デザインもテンプレートがきれいに見えても、実際に使うと非常に汚くなるケースが目立ちます。ページ構成や、写真の見せ方、文章構成はかなりの障害になっているようです。
  1. フリーランスのデザイナーや開発者を探す
  • フリーランスのデザイナーや開発者を探すことで、より安価で品質の良いホームページを作成することができます。フリーランスのデザイナーや開発者は、報酬を受ける前に具体的なプランや料金を提示してくれることが多いため、予算を管理しやすいです。
  • メリット:大手に注文するより安くできます。
  • デメリット:個人に依頼する場合、ビジネスとして不安定な立場の人が多いので倒産しやすいです。突然連絡が取れなくなることも多く、無責任に対応されてしまう事もあります。あなた自身が発注未経験であれば相当事前に勉強したうえでよいフリーランサーを探す必要があります。
  1. オンラインマーケットプレイスを利用する
  • オンラインマーケットプレイスでは、世界中のデザイナーや開発者が商品やサービスを出品しています。このようなマーケットプレイスを利用することで、値段やクオリティーを比較しやすく、安くて品質の良いホームページを作成することができます。
  • メリット:個々人の評価が分かるので、発注しやすい。事前にチャット問合せできる。
  • デメリット:多くの場合、フリーランサーと同じです。ビジネスとして不安定な立場の人が多いので倒産しやすく、突然連絡が取れなくなったりもありえます。
どのような方法を選択するかは、自分のニーズや予算に合わせて決めることができます。

香港・深センのホームページ制作料金はどうなっているの?

香港でホームページ制作をするときの料金はいくらぐらいでしょうか? このページでは香港でホームページ制作をするときの料金についていろいろな角度から検証してみたいと思います。

日系とローカルの違い

まず1番最初に検討しなければいけないのは香港で日系の会社を探すのかそれともローカルの会社を探すのかと言うことになると思います。この2つで同期に大きな違いがありますがもちろん品質にも大きな違いがあります。 10ページ位の簡単なホームページで問い合わせフォームをつけた場合の料金で言うと、日系企業だと大体18,000香港ドルから25,000香港ドル位になると思います。逆に香港ローカルに依頼をするとその30%から50%引きの料金で制作することができます。料金だけで見ると香港ローカル企業の方が良いように見えますね。実はここに落とし穴があります。 香港で10年以上ホームページ制作の業務に携わってきて色々な方の体験談を聞いてきました。 1番多いのが、 「香港のローカルの企業に頼んだけれども、なかなかイメージ通りにならずもう1年も過ぎたので諦めかけていました。」 「そもそも言葉も出ないのでイメージが全く伝わらない」 「デザイン感覚が違いすぎて説明してもできあがらない」 「制作できますと言いながらいつまでたってもその機能ができあがらない」 といったような意見です。簡単に言うとコミニケーションがうまく取れない上に品質にも問題があり、デザインと機能ともにいつまでも完成しないと言うことになっているようです。 これだといくらで起きなくても本末転倒ですね。

日系のホームページの大きな違い

そして、ローカル企業を探して失敗した方は次にほぼ日系のホームページ制作をしてくれる会社を探す事が多いようです。 実は残念ながら、ここでも大きな問題があります。 最近聞いた話では「スマートフォン対応できます」と言われてホームページ制作を依頼したところ、ただパソコンで見るのと同じデザインがスマートフォンで見ることができるだけの、 スマートフォンで見ると文字が小さすぎてとても読めないようなホームページが出来上がってきたと言うことでした。 これはスマートフォン対応とは言わないですね。通常スマートフォン対応とはスマートフォンで見てもスムーズに読めるようにデザインが自動的に変更される機能が付いているホームページのことをいいます。専門用語で言うとレスポンシブデザインと言うことになります。 ホームページ制作で失敗しないためには、ホームページ制作企業にまずは「レスポンシブデザインの制作は可能ですか?」と聞いてみると良いでしょう。 相手が一瞬わからなそうな顔をしたら、そこの会社にはもう二度と連絡しない方が良いでしょう。

ホームページ料金の内訳

次にホームページ制作の料金の内訳についてです。ホームページの制作料金は基本的に以下のような項目があります。 ホームページ制作の進捗管理をする監督料金、ページ数、バナー画像デザイン、言語数、機能開発の種類と数、ホームページアドレスの取得や管理、そしてサーバーの保守管理レンタルなのです。 香港でホームページを制作するときに気をつけなければいけないのは、特に言語のところでは無いでしょうか?会社によっては日本語だけでなく香港の繁体字も追加したい場合は料金を大幅に釣り上げるところもあります。一般的には日本語で本ページを制作してさらに繁体字を制作したい場合は料金が30 %増から50%増位になると思います。料金が2倍請求してくるところは、そもそも作業が効率化されておらずどうしても2倍請求しなければいけないと言うことなのかもしれません。という事は制作のノウハウが古いと言うことなので、やはりもうその会社は探さない方が良いでしょう。

実は落とし穴なランニングコスト

ホームページは制作した後もホームページアドレスを更新する必要がありますし、サーバーもレンタルする必要があります。 さらに実はホームページと言うのは常に攻撃され続けているので、保守管理もできればちゃんとしたほうがいいです。 多くの方がホームページを作ればも料金はかからないと思ってらっしゃるかもしれませんが、実は毎年ホームページアドレスの更新とサーバーの料金が掛かります。 これ以外に、もし自分で簡単に修正ができないようなホームページであれば修正を依頼する必要があるので、修正料金がランニングコストとしてかかってきます。 そのためなるべく自分で簡単に更新ができるようなホームページを作ってくれるホームページ制作会社を探す必要があります。 「ホームページの修正は、専門家がプログラミングで修正をするので仕事には無理です」と言ってくる会社は要注意です。旬のホームページは比較的誰でも簡単に文字の修正ぐらいはできるようになっているので、自分で簡単に更新ができないようなホームページは実はおかしいのです。

前金と残金

さて料金の支払い方法についてですが、通常ホームページ制作は完成後に全額支払いではなく、前金と残金に分けてお互いのリスクを軽減する方法がとられています。一般的には前金が50%で残金が残りの50%と言うことになります。もちろん前金を開始時に支払いをし、残金は完全納品が終わった段階で支払うと言うことになります。

支払い方法

香港のホームページ制作で支払い方法についてですが、ホームページ制作料金の支払いは小切手または銀行振込になると思います。その際には香港の会計処理をするためにインボイスの発行等をしっかりしてもらうように言ったほうがいいですね。 また個人で非公式にビジネス行ってる方もいるので、支払いの銀行口座が個人名だったりする場合は取引はやめたほうがよさそうです。 ホームページが無事に完成したとしてもその後連絡が取れなくなってしまったりすると、アフターフォローがしてもらえず、いきなりホームページが攻撃されてたり、なんだかんだ問題があったときに対応してもらえないことになります。 こういう時に結構困るのが、ホームページアドレスの設定やサーバーの設定プログラム修正なので基本的なログイン情報などもない場合は修正自体が非常に困難になるということです。 そのため1個人がこっそりやってるようなホームページ制作ではなく、やはりしっかりとした企業に頼む方が良いです。現代では料金もさほど変わらなくなってきてるようです。

香港・深センでホームページを制作するときの料金プランや相場は今どうなっているのでしょうか? 現在の香港・深センホームページ制作の料金の相場についてご説明いたします。

香港・深セン ホームページ制作 料金表

香港・深センでホームページを制作するときにまずざっくりと見積もりをしてもらうと思いますが、通常ホームページ制作会社には料金表があります。そしてホームページの料金表に基づいて見積もりを制作します。 料金表の内容としては、ホームページ制作の機能開発、ページ制作、デザイン制作、制作の進捗管理費用などがあります。また複数の言語でホームページを制作するときはさらに翻訳費用が必要に応じて発生します。 またホームページは制作するときには、ホームページを制作するだけではホームページを表示することができません。 いわゆるホームページアドレスの取得や年間更新、またホームページサーバーの手配と更新が必要になります。 それぞれの項目で料金の見方についてご説明いたします。

デザイン制作

ホームページのデザイン制作では以下のようなものが含まれます。 ・ホームページ全体のデザイン ・アップロードしたい画像の加工 ・デザインされたバナー画像の作成 ここで注意したいのは、多くの場合、右サイドのブロック表示は左サイドのブロック表示、メニューバーをどこにどのように表示するのかといったデザインの大枠のデザインを最終権限のある方もしっかりと一緒に確認をして、最終決定しておかないと後から変更するとなると、何倍も制作に時間がかかってしまうことになります。 また表示したい画像のイメージがあまり定まっていないまま、制作会社に相談をして画像の選択とそのさらにデザインを依頼することもあると思います。画像やデザインにかなりこだわりがある方だと最初からこの画像の選定をしておかないと、いつまでも画像が決まらず、そのせいでデザインも何度も最初からやり直しと言ったことになりかねません。

機能開発

ホームページの機能開発とは、お問い合わせフォームのような基本的な機能から、フラッシュ効果のような画像がスライドする機能、何万と言う商品ページをを動画付きで一括アップロードする昨日など様々なものがあります。 昨日開発も複雑であればあるほど、開発側が制作経験があまりないものも含まれてしまうので、おやつに時間がかかってしまいます。

ページ制作

一般的にページ制作は、ページの文面をある程度お客様自身が考える必要があります。ページのレイアウトや文章の修正等はあまり時間がかからないかもしれませんが、そもそも文章を作ると言う作業自体が、日頃文章書くことが仕事では無い方にとっては非常に時間がかかる仕事となるでしょう。

進捗管理

お客様との打ち合わせやプログラマー、デザイナーの制作、進捗管理、さらにデザインや機能の修正など全体を管理する仕事があります。 もちろんここにも予算がかかってきます。 またここで、お客様のデザインや機能に関する要望をしっかりとヒアリングができていないと、政策がありがた完成してからお客様から「言っていたものと全然違う」というふうに言われてしまうことになります。 そのため進捗管理は非常に重要なのです。

香港・深セン ホームページ制作料金の相場

香港・深センでの、ホームページ制作の相場は、5ページほどとお問い合わせフォーム等がついた基本的なサイトで、日系の場合は15,000香港・深センドル〜、香港・深センローカルの企業で10,000香港・深センドルからと言う感じです。 これよりかかる金額としては、ページ数、機能数、言語数によって変わってきます。通常言語を一言下すことに30%から70%ほど金額がアップされます。 また、ホームページ制作ではありませんがホームページアドレスやホームページを表示するためのウェブサイトサーバー等は別途手配する必要があります。

香港・深セン ホームページ制作 料金プラン

ホームページ制作で料金プランから選ぶことができればすぐに見積もり金額が分かるのでお手軽かと思います。 一般的な料金プランとしては、1サイト5ページまでお問い合わせ付きがあると思います。 またそれ以外に急いでホームページを至急立ち上げる必要がある場合は、お急ぎプランを作っている会社もあります。料金はその場合は通常のサイトの1.5倍〜2倍ぐらいになると思います。

香港・深セン ホームページ制作 料金 平均

では実際にホームページを作ってる会社ではどれくらいの費用がかかっているのでしょうか? 一般的な細かなページも入れるとどうしても10ページぐらいになってしまうものです。また言語も中国語繁体字と日本語または英語などを入れる場合が多く、どうしても2言語または3言語になってしまうようです。 そうすると制作費用が、日系企業の場合で20,000から30,000香港・深センドル、香港・深センローカルの企業の場合で13,000香港・深センドルから25,000香港・深センドルかかってしまいます。 もちろんそれ以外に、ウェブサイトサーバーのレンタルや管理費用がかかってきます。

香港・深セン ホームページ制作のレスポンシブデザイン制作料金って?スマートフォン用ホームページを作ろう

香港・深センでホームページ制作するときに、気をつけなければいけないのが、「レスポンシブデザイン対応」になっているかどうかと言うことです。 わかりやすく言うと、スマートフォンやタブレットにも適切な文字の大きさや画像配置で表示されるかどうかと言うことです。これはレスポンシブデザインと言うノーハウで、最初からそういうプログラミングをしておかないと、後から追加で制作と言うわけにはいきません。ゼロから再度制作になってしまいます。 また一般的なパソコン用のホームページをスマートフォンで無理矢理見ようとすると、指で毎回すべてのページを開きながらみなければいけないので大変です。 また現在では、ホームページへの訪問者の30%から80%がスマートフォンから来ていると言う回数も少なくありません。 スマートフォンタブレット対応のレスポンシブデザインは必ず行っておいた方が良いです。

香港・深セン ホームページ制作 保守費用

香港・深センに限らずホームページ制作をするときには必ず保守費用というのが発生します。具体的にはホームページアドレスの更新や、ホームページ用のサーバーのレンタル保守管理が含まれます。 ホームページアドレスの取得と管理、更新は一般的には年間で200香港・深センドルから1,000香港・深センドル位かと思います。 またサーバー料金は会社によってまちまちですが、サーバーレンタルで月々300から800香港・深センドル、さらにサーバーの保守管理バックアップ等の基本的な対応含めて600香港・深センドルから1,500香港・深センドルぐらいになります。 香港でホームページ制作をした場合の金額の相場がどうなってるのか、日本語と中国語を駆使して調べて見ました。

香港ローカル企業の相場

通常香港のローカル企業のホームページ制作の料金の相場は1言語のみで10ページほどのホームページを作った場合で言うと大体10,000香港ドルから15,000香港ドル位のようです。さらにショッピングサイトを作るためにショッピングカートを設置したり、商品を大量にExcel形式でアップロードする場合などは別途を開発費用がかかるようです。

香港にある日系企業の相場

香港にある日本人企業の場合は1言語で10ページほどのホームページを作った場合は12,000香港ドル位から20,000香港ドル位になるかと思います。香港ローカル企業の側と同じくショッピングカートや様々な機能を追加するとそれぞれ費用がかかります。また一見後さらに追加したい場合は最初の金額の30%追加で対応してくれるところから100%追加で対応してくれる会社まで様々なようです。 また香港にある日系会社がホームページ制作をしてくれる場合は実は80%以上が〇〇外部へ丸投げしているところばかりですので注意が必要です。 自社できちんと制作してくれる会社はほとんどありません。セカイウェブのような100%自社開発の会社は見かけませんね。 外部委託している会社の何がいけないかと言うと、まず料金が高くなってしまうということと、打ち合わせが仲介を通して行う場合は常に伝言ゲームのようにしっかりと自分の意図が制作側まで伝わらないことが多いと言うことです。また打ち合わせに来てくれる担当者があまりホームページ制作の最新事情に詳しくないと言うことも大きなデメリットだと思います。

香港の日本人フリーランス

ぽんこの日本人のフリーランスの方が制作をしてくれる場合は、日本法人の会社の10%から20%オフ位の値段で対応してくれるようですが、何よりも制作のメンテナンスなどの点で個人の方に依頼する場合はかなり不安が残ります。ホームページは実は日々いろんなハッキングされやすい要因が生まれやすく、なるべく常にセキュリティーのアップデートをしておく必要があります。セキュリティーの対応をしていないがためにホームページがハッキングされてめちゃくちゃになってしまうというケースは実は結構あります。

香港ローカル企業のホームページ制作ツール提供会社

香港のローカル企業のホームページ自動制作ツールを使うと月々100香港ドル前後でホームページが出来上がると宣伝している会社が数社あります。まず全て満たしているのは、ほとんどが1言語のみに対応しており、日本語や英語でもホームページを作りたい場合は使えないことが多いです。またデザイン的にもとても今風のデザインとは言えないものばかりで、ホームページの印象は大事にされたい方は選ばないほうがいいと思います。何でもいいから割だけやればいいという方は使ってもいいかもしれません。

日本企業のホームページ制作ツール

日本にもたくさんホームページを制作するためのツールが提供されていますが、ほぼ複数の言語に対応しているツールというのは存在しません。そのため中国語や英語でもホームページを作りたいと思ってる方には向いていないと言えるでしょう。日本語だけであまりデザインレベルや複雑な機能が必要ないと言う方は試してみてもいいかもしれません。

制作予算が低い場合

会社を立ち上げたばかりの方や小規模で会社運営を行っている方などは制作予算があまりないかもしれませんね。その場合それでもホームページをちゃんと作りたい場合はどうすればいいでしょうか? 多言語ドットコムこのような複数言語でも制作をしてくれるツールを提供している会社に問い合わせて制作するのが良いでしょう。香港ローカルの会社のいろいろなツールもたくさん見てきましたが言語間でのページ構成がめちゃくちゃだったりして逆に会社の信用を失いかねない感じでした。

制作予算が20万円以上ある場合

制作の予算が200,000以上ある場合はもちろんホームページ制作外車をしっかりと探す方が良いでしょう。それもできればインターネットで集客する方法について詳しい会社の方がいいです。例えば、過去の実績で検索エンジン対策としてどのようなキーワードで一位をとったことがあるかなどをしっかりとキャリングすることでそのホームページ制作会社の実力を知ることができます。 香港でホームページ制作会社を探す場合は、直接「香港ホームページ制作」と言うキーワードや「香港ホームページ制作会社」といったようなキーワードで検索してみて検索の上位に来ている会社に問い合わせをすると良いかと思います。

総括

香港でのホームページ制作について相場をいちどまとめてみましたがいかがでしょうか?ここ数年で香港のホームページ制作の相場料金はあまり大きな変動がありませんので参考になりましたら幸いです。 香港・深センでホームページ制作をするときの料金はいくらぐらいでしょうか? このページでは香港・深センでホームページ制作をするときの料金についていろいろな角度から検証してみたいと思います。

日系とローカルの違い

まず1番最初に検討しなければいけないのは香港・深センで日系の会社を探すのかそれともローカルの会社を探すのかと言うことになると思います。この2つで同期に大きな違いがありますがもちろん品質にも大きな違いがあります。 10ページ位の簡単なホームページで問い合わせフォームをつけた場合の料金で言うと、日系企業だと大体18,000香港・深センドルから25,000香港・深センドル位になると思います。逆に香港・深センローカルに依頼をするとその30%から50%引きの料金で制作することができます。料金だけで見ると香港・深センローカル企業の方が良いように見えますね。実はここに落とし穴があります。 香港・深センで10年以上ホームページ制作の業務に携わってきて色々な方の体験談を聞いてきました。 1番多いのが、 「香港・深センのローカルの企業に頼んだけれども、なかなかイメージ通りにならずもう1年も過ぎたので諦めかけていました。」 「そもそも言葉も出ないのでイメージが全く伝わらない」 「デザイン感覚が違いすぎて説明してもできあがらない」 「制作できますと言いながらいつまでたってもその機能ができあがらない」 といったような意見です。簡単に言うとコミニケーションがうまく取れない上に品質にも問題があり、デザインと機能ともにいつまでも完成しないと言うことになっているようです。 これだといくらで起きなくても本末転倒ですね。

日系のホームページの大きな違い

そして、ローカル企業を探して失敗した方は次にほぼ日系のホームページ制作をしてくれる会社を探す事が多いようです。 実は残念ながら、ここでも大きな問題があります。 最近聞いた話では「スマートフォン対応できます」と言われてホームページ制作を依頼したところ、ただパソコンで見るのと同じデザインがスマートフォンで見ることができるだけの、 スマートフォンで見ると文字が小さすぎてとても読めないようなホームページが出来上がってきたと言うことでした。 これはスマートフォン対応とは言わないですね。通常スマートフォン対応とはスマートフォンで見てもスムーズに読めるようにデザインが自動的に変更される機能が付いているホームページのことをいいます。専門用語で言うとレスポンシブデザインと言うことになります。 ホームページ制作で失敗しないためには、ホームページ制作企業にまずは「レスポンシブデザインの制作は可能ですか?」と聞いてみると良いでしょう。 相手が一瞬わからなそうな顔をしたら、そこの会社にはもう二度と連絡しない方が良いでしょう。

ホームページ料金の内訳

次にホームページ制作の料金の内訳についてです。ホームページの制作料金は基本的に以下のような項目があります。 ホームページ制作の進捗管理をする監督料金、ページ数、バナー画像デザイン、言語数、機能開発の種類と数、ホームページアドレスの取得や管理、そしてサーバーの保守管理レンタルなのです。 香港・深センでホームページを制作するときに気をつけなければいけないのは、特に言語のところでは無いでしょうか?会社によっては日本語だけでなく香港・深センの繁体字も追加したい場合は料金を大幅に釣り上げるところもあります。一般的には日本語で本ページを制作してさらに繁体字を制作したい場合は料金が30 %増から50%増位になると思います。料金が2倍請求してくるところは、そもそも作業が効率化されておらずどうしても2倍請求しなければいけないと言うことなのかもしれません。という事は制作のノウハウが古いと言うことなので、やはりもうその会社は探さない方が良いでしょう。

実は落とし穴なランニングコスト

ホームページは制作した後もホームページアドレスを更新する必要がありますし、サーバーもレンタルする必要があります。 さらに実はホームページと言うのは常に攻撃され続けているので、保守管理もできればちゃんとしたほうがいいです。 多くの方がホームページを作ればも料金はかからないと思ってらっしゃるかもしれませんが、実は毎年ホームページアドレスの更新とサーバーの料金が掛かります。 これ以外に、もし自分で簡単に修正ができないようなホームページであれば修正を依頼する必要があるので、修正料金がランニングコストとしてかかってきます。 そのためなるべく自分で簡単に更新ができるようなホームページを作ってくれるホームページ制作会社を探す必要があります。 「ホームページの修正は、専門家がプログラミングで修正をするので仕事には無理です」と言ってくる会社は要注意です。旬のホームページは比較的誰でも簡単に文字の修正ぐらいはできるようになっているので、自分で簡単に更新ができないようなホームページは実はおかしいのです。

前金と残金

さて料金の支払い方法についてですが、通常ホームページ制作は完成後に全額支払いではなく、前金と残金に分けてお互いのリスクを軽減する方法がとられています。一般的には前金が50%で残金が残りの50%と言うことになります。もちろん前金を開始時に支払いをし、残金は完全納品が終わった段階で支払うと言うことになります。

支払い方法

香港・深センのホームページ制作で支払い方法についてですが、ホームページ制作料金の支払いは小切手または銀行振込になると思います。その際には香港・深センの会計処理をするためにインボイスの発行等をしっかりしてもらうように言ったほうがいいですね。 また個人で非公式にビジネス行ってる方もいるので、支払いの銀行口座が個人名だったりする場合は取引はやめたほうがよさそうです。 ホームページが無事に完成したとしてもその後連絡が取れなくなってしまったりすると、アフターフォローがしてもらえず、いきなりホームページが攻撃されてたり、なんだかんだ問題があったときに対応してもらえないことになります。 こういう時に結構困るのが、ホームページアドレスの設定やサーバーの設定プログラム修正なので基本的なログイン情報などもない場合は修正自体が非常に困難になるということです。 そのため1個人がこっそりやってるようなホームページ制作ではなく、やはりしっかりとした企業に頼む方が良いです。現代では料金もさほど変わらなくなってきてるようです。

まとめ

以上香港・深センでのホームページ制作料金についてまとめてみました。参考になれば幸いです。
セカイウェブの記事香港ホームページ制作料金はどうなっているの?