香港・深センでのホームページ制作会社の選び方って?

香港でホームページ制作会社をお探しですか?

香港でホームページ制作の会社を探す場合にはどうやって探せばいいでしょうか?
ここではデザインや料金など様々なポイントから、ホームページ制作会社の選び方についてお話をしたいと思います。

香港のホームページ制作会社の料金

香港のホームページ制作の会社の料金は大体どれくらいでしょうか?香港ローカルの現地の香港人の会社に依頼した場合は1言語で簡単な数ページのサイトを作るとしたら、5,000から20,000香港ドルまで幅広くあります。個人レベルで作ってるような会社やシステムで量産しているような会社だと低料金かもしれませんが、デザインがあからさまに低品質なものであることが多いです。また日経外車でも日本から進出してきているホームページ制作会社だと日本料金からさらに上乗せされている場合が多く、20,000香港ドルからスタートと言うケースがほとんどのようです。
そうなると、費用対効果で考えても1番効率が良いのが、長年香港でホームページ制作専門で業務を行っている日系の会社がベストと言えそうです。

香港のホームページ制作会社のデザイン

香港でホームページ制作のデザインを考えた場合によく言われていることが、香港で現在流行っているサイトは文字が多く画像が少ないものばかりなのでそのようなデザインにした方が良いのではないか?と言うご意見があります。ところが実際は、香港も中国大陸同様常に欧米の新しいホームページデザイン英語をしようとしており、ただホームページ制作の技術が低いために文字だらけの古いデザインが残ってるに過ぎないのです。様々なデザイン技術があるにもかかわらず、あえてそのデザインにしていると言うわけではありません。
最新のデザインの学んだ安心できる会社を探した方が良いといえます。それは過去のその会社の実績を見ることで判断ができると思います。

香港でホームページ制作会社を探す方法

では実際に香港でホームページ制作の会社を探すにはどうしたらいいでしょうか? 1番確実な方法は実際に(香港ホームページ制作)といったような際で検索してみることがいいと思います。検索して上位に来るサイトは、もちろん検索エンジン対策もしっかり行っているので上位に表示されているのだと思います。
現地でそのまま日本語で検索すると良いと思います。もちろん日本で検索しても日本語で検索する限りは結果は同じですのでそのまま検索してみてください。

香港ホームページ制作会社のコミニケーション能力

香港でホームページ制作を行う場合に一番問題になるのがコミニケーションです。「何度言ってもイメージ通りにディザインが出来上がってこないし、修正をお願いした箇所が全く修正されない」といったこともよく聞く話です。1番の問題は、やはり日本語による日本人の説明だとニュアンスがどうしても香港人には伝わらないと言うことです。これは意外にも香港で生まれ育った日本人担当者にも同じようなことが言えます。
電話対応や打ち合わせの時にしっかり相手がメモを取っているかどうかなど、コミニケーション能力が高いのか低いのかしっかり見極める必要があると思います。
「全然こちらの言ってることが伝わらない」と言う意見が最も多いのは、香港ローカルのホームページ制作会社と打ち合わせをした方がよくおっしゃっていることです。結局ホームページの制作を2度行うことになるケースも実はよくあります。

香港のホームページ制作会社のメリット

香港でホームページ制作会社を探すメリットは何でしょうか?実際に香港人がいる中で暮らしをしているので、よりリアルな香港人のニーズや生活様式、より香港人にPRしやすいノーハウが蓄積されているということがあると思います。それ以外にも香港でよく使われている決済方式や、香港人がどのようにして検索をしてどのような製品商品を探しているのかといったことを香港人の立場で説明してもらえる事は非常に重要なことです。

香港のホームページ制作会社のデメリット

香港でホームページ制作会社を探すデメリットは何でしょうか?御社が日本にある場合はもちろん打ち合わせが少ししづらくなりますので、その点はデメリットと言えるでしょう。しかしながら最近はスカイプや同じパソコン画面を見ながら打ち合わせができるデスクトップ同期ソフト等が無料で多数存在するのでどんどん遠隔でもあまり抵抗なく打ち合わせができるようになってきました。

以上のような点で、香港でホームページ制作会社を選んでみてはいかがでしょうか?まずは何よりも連絡をしてみることがいいと思います。「あ、この会社良さそうだな」と思ったらまずはEメールまたは電話ですぐに連絡をしてみてください。

このホームページはご覧になっているあなたは現在おそらく香港・深センでのホームページ制作をしてくれる会社を探しているのだと思います。

まずはここでこのホームページ制作会社の選び方を読まないと大失敗をしてしまうかもしれません。

今まであまり語られることがなかった現状についてあなたが知らなかったことがいろいろあるかもしれません…

実はたくさんある制作会社のタイプ

一口にホームページの制作をする会社といっても実はいろいろな会社があります。システム開発を専門にする会社が頼まれたときについでに行うホームページ制作というのがまず1つ。
この場合はプログラミングが得意と言うことで始めるのですが、実際はネット集客やデザインについての理解が浅いことが多くとったもっさりした感じのサイトに仕上がったり、 ネットで検索をしても全然かからない傾向が強いです。
カタログパンフレットなどを制作する会社がデザインソフトが使えると言う理由で制作を行うのが2つ目。いわゆるデザイナーがデザインができると言う理由で制作するのですが、プログラミングに関する知識が浅いので非常にデザインだけに凝ってしまった重たいサイトになったりスマートフォンに対応するなどの基本的なプログラミングでさえできてないことが多いです。
以前はパソコン修理業者が片手間でホームページ制作を行うと言うこともあったようですね。
最後にホームページ制作専門の会社というのがあります。香港・深センを含む華南地区では2年に1社ぐらいそういう会社が現れるのですが、大体2 3年で消えていきます。
1番の理由はおそらくですが、お客様が要求する機能や満足できるデザインなどを完成しきれず、ビジネスとして成立しなくなってしまって撤退すると言う形が1番多いようです。
ホームページ制作と言うのはいわゆる完全オーダーメイド商品なので、デザインも機能も満足できるものを作り続けると言うのは実は結構大変なのです。
そのため、いろいろな機能も作れて検索エンジン対策もバッチリできて、さらにデザインレベルの高いものを提供してくれる会社を探す必要があります。
香港・深センでホームページ制作会社としての経験実績が長い会社が1番良いのかもしれませんね。

香港・深センローカルの制作会社のメリットとデメリット

ホームページ制作会社の経験が長い会社を探すとなると日系と香港・深センローカルの会社の2種類があると思います。
多くの方が値段が安いと言う理由で香港・深センローカルの会社を探し大失敗する傾向があるようですね。
とある上場会社の方から聞いた話では、
「1年以上ずっと制作がなかなか進まず、打ち合わせをもう数え切れないほど行っており疲れた」
「言語の壁と言うのもあるかもしれないけど、こちらニュアンスが全く伝わっていない」
「どう説明しても参考にするサイトを見せてもイメージ通りのデザインにならない」
といった問題が多発しているようです。
安さだけに目がいってしまうと大変なことになるのかもしれませんね。

検索エンジン対策(SEO対策)の知識がない?

香港・深センローカルの会社にせよデザイン会社やシステム開発会社にせよ言えることですが、日本語での検索エンジン対策の知識がほとんどないことが多いです。
そのため実際に制作をしてもその後どう検索してもサイトが見つからないと言うことが多々あります。また日本語でホームページを制作する必要がない方もいらっしゃると思います。
その場合でも香港・深センも日本と同様GoogleとYahoo!が1番使われているので実は検索エンジン対策は行う作業がほぼ同じなのです。という事は、日本語で検索エンジン対策ができない会社は香港・深センの繁体字でも検索エンジン対策ができないと言うことになります。
これはかなり困ったことです。そして、制作段階で検索エンジン対策ができない会社はその後いくらお願いをしてもノウハウがそもそもないので、制作できないという事になります。
こうなると、もうホームページ制作の会社を変えるしかありません。

実はスマートフォン対応を知らない

これは実際にあったシステム会社の例ですが、スマートフォン対応のサイトを作ってほしいとお願いをして大変だった事があったそうです。
実際に出来上がったものを見ると、スマートフォンでも表示ができるだけでデザインはいわいるスマートフォン対応ではないので文字が小さすぎて全く読めないと言うものでした。パソコンで表示されるデザインがただそのままスマートフォンでも表示されているだけなので、文字が小さすぎて全く読めなかったそうです。
その後もそもそも制作のノウハウがないので、どのようにお願いをしても修正してもらえなかったそうです。
そのシステム制作会社もおそらくかなり困ったのだと思います。知識がないと言うのは本当に恐ろしいことですね。

適当のテンプレートを買って文字を入れ変えているだけなんて

ホームページ制作専門の会社以外は外注に出しているか適当にテンプレートを買って終わらせようとする会社が多いようです。
そうすると、どうなるか?ちょっとしたデザインの変更等の融通が全く効かないと言うことになります。よくロゴマークの下にメニューバーがありますがその項目を増やしたりデザインを変えるのも出来ないと言う、びっくりするようなことをよく聞きます。

永遠にページ構成が揃わない

そういう時に1番よく見かけるのが日本語と英語と中国語でメニューバーを見たときなどでページの構成が違うと言うことです。
意図的なものではなく明らかに必要なページ構成が欠けていると見受けられるものが多いです。例えば会社概要の中の代表挨拶などですね。
複数言語のホームページを制作するときは実は間違ったの方が必要になるのです。ただ「1言語のホームページを作れる」のと「複数の言語で同じ構成できれいに作rwる」のでは必要なスキルや経験、バグへの対策の必要性などが全然違います。

実は90%以上が下請けに丸投げ

これは実によく聞く話ですが、個人でホームページの制作を行っている方とお話をした時の話です。日系の会社から時々下請けのお話が来るそうです。香港・深センでは、「ホームページの制作を請け負っている」と書いている会社の多くは、実際は自社ではホームページの制作ができません。
そのため、上記のような個人の方を知り合いの中から探してきて丸投げしてしまうようです。直接紹介してくれるだけならまだ良いですが、下請けとなると、窓口がその会社なのに、実際に作るのは違う人なのでなかなか進行がうまくいかないようです。
そもそも紹介の時も紹介手数料が取られるので、金額がその分追加されている可能性がありますね。
そのため、紹介してもらうというのは、残念ながらあまり理想的な方法では無いのです。

香港・深センでホームページする上であらかじめ注意しておかないと失敗してしまう大切なポイントがあります。ここではそんな香港・深センでのホームページ制作の注意点についてご説明します。

大変な失敗をしてしまう前に、ぜひ一度読んでみて下さい。

ホームページが完成しないと言う失敗

まず最初に、最も「ありえない」と言われながらも、実際に頻発する「ホームページがそもそも完成しない」という問題です。
なぜホームページが完成しないのでしょうか?
ここでは最も多い原因を4つ例に挙げてみたいと思います。

依頼した機能が、いつまでも完成しない

見積もりの段階からいらしていたはずのホームページの機能がいつまでも完成しないというのがあります。これは制作側のヒアリングの問題と技術の問題が考えられます。
お客様から依頼された機能は、なるべく具体的に「どこをクリックしたら、どういう動きをして、どこのページに移動する、またはどういった効果が現れる」といった事を、緻密に作成していく必要があります。
しかしここでコミニケーション能力が低いホームページ制作会社が担当してしまうと、お客様がイメージしている機能とは全然違う機能ができてしまうのです。そしてその修正を延々と続けてしまい、いつまでも終わらないということになるのです。
またもう一つの原因として考えられるのは、そのオーダーが欲しいがために、「できます」と答えたものの、実際にはその機能を制作することができず、ズルズルと時間だけが過ぎてしまうというパターンです。
この時に1番問題なのが、制作側は「制作できません」とは言わないと言うことです。
色々と理由をつけて時間を引き延ばそうとします。しかしながらいくら引き伸ばしても完成しないので、いつまでも納品されないと言うことになります。

修正がいつまでも完了しない

お願いしているホームページの修正箇所がいつまでも修正されないと言う問題があります。
その一方でお客様からホームページ制作会社へ修正の依頼がいつまでも続き延々と終わらないということもあります。
1つ目はホームページ制作会社の制作能力の限界で、 修正が完了しないということがあります。
2つ目は、いくら修正をしてもまた新しい修正要望要求してくるという方がいます。
もちろん誰にでも理想あるので、「もっとこここうしたい」という要求はあると思いますが、これがずっと半年、一年とずっと続いてしまうと、ホームページ制作会社も対応しきれなくなると言う事はあると思います。
この辺をしっかり契約書に明記して取り組みをしておいた方が良いです。

スマートフォン表示などの品質問題が多発する

文字フォントの崩れや文字化け、各言語ごとにページ構成が違う、画像が崩れている、画像がエラーになっている、など品質に関する問題と言うのはホームページ制作が非常に発生しやすいです。
また最近の例では、スマートフォン対応ができますと言いながら、実際はスマートフォンでパソコンの画面と同じものをそのまま表示しているだけという日系会社もありました。

要望を満たすレベルのデザインが上がってこない

日本人であれば、日頃見られているこれぐらいのレベルのデザインは上がってくるだろうと言う期待をすることがあると思いますが、実際に出来上がってくるデザインが「あまりにもひどい!」ということがあります。
この場合はいくら修正作業依頼しても、そもそものレベルが低いので、いつまでたっても納得がいくデザインが下がってくることはありません。
ホームページを既に制作開始している場合は、前金返ってこないかもしれませんが、キャンセルするしかないと思われます。

ホームページに文字化けや崩れが発生する失敗

ホームページの失敗でよくある例が、パソコンによって文字化けが発生するということです。例えば日本のパソコンでは文字化けしないが、ローカルスタッフのパソコンで見ると文字化けしていると言うことがあります。または文字化けはしていませんが、何故か文字が崩れているような感じに見えることがあります。これらは文字コードや文字フォントの設定と言われる問題です。技術的な問題で、特にローカルホームページ制作会社では、なかなか問題として認めてもらえず、「私のパソコンでは正常に用事ができるので、これで完成です。」と言われてしまうことがあるようです。

それぞれの言語でページが統一されない失敗

香港・深センでホームページ制作をする場合は、複数の言語で作成することが多いと思いますが、それぞれの言語でページ構成が微妙に違ってきたり、ページ内の文章や画像構成などがずれたまま放置されている状態のホームページが、よく見受けられます。

希望するイメージと違うデザインになってしまう失敗

発注をするホームページ制作会社のデザインレベルを確認しないままホームページを注文してしまうと、希望しているようなデザインのレベルは程遠いものが仕上がってくる可能性があります。
この場合はそもそもその会社は、「より良いデザイン」を作れないので、いくら修正を依頼しても希望通りのデザインは仕上がってこないことが多いです。
ホームページ制作を依頼する前に必ずその会社の過去の制作実績を確認しましょう。

依頼した内容で制作されない失敗

何回か打ち合わせをしていて、発注時に依頼したものが色々と制作されてないことに気づくことがあると思います。
その場合に双方が議事録やメモを取ってない場合は、「言った言わないの水掛け論」になることもあります。
ホームページの打ち合わせには、必ず議事録を図説で取るようにしておきましょう。

全く集客できない失敗

せっかく作ったホームページから、1つも問い合わせが来ないということがあると思います。
これは実際にホームページを一般公開してしばらく様子見てみないとその効果がわかりません。
またよく誤解されることが多いようですがホームページはただ作っただけでは集客できません。
例えば自動的に検索されて集客できるというふうに考える方もいらっしゃるかもしれませんが、現代では1ページあたり2,000文字以上の内容がしっかりとしたホームページでないと検索サイトで上位に表示される事はほとんどなくなってきました。

アフターフォローをしてもらえない失敗

そして最後にホームページが完成し納品してもらった後に、エラーや修正ができないと言う問題が発生した場合のアフターフォローについて問題が発生します。
いくら操作マニュアルをもらったとしても、実際はなかなかイメージしてるような修正ができないことがあると思います。電話やメールで素早く対応してくれるようなホームページ制作会社を選んだ方が良いでしょう。

まとめ:ホームページ制作で失敗しないために

いかがでしたでしょうか?
事前に失敗する可能性についていろいろと考えておくだけで、多くのトラブルは回避できると思います。ぜひ準備をしっかりととって下さい。

香港でホームページ制作の会社を選ぶときに大事なポイントをご説明いたします。

デザイン提案力

通常皆様が気になるのはデザインです。自分が希望するような綺麗なシンプルなかっこいいデザインが作ってもらえるのかどうか、また社内で他の方にも気に入ってもらえるのかどうか、気になりますよね。

ホームページ制作のときには、その会社の過去の実績からある程度デザイン提案力を知ることができます。また見積もりの段階でデザインをある程度簡単なものを提案してくれる会社もあります。その辺から判断できると思います。

機能開発力

もしかするとあなたが作りたい機能は少し特殊かもしれません。過去にその機能を搭載しているサイトを見たことがあるかもしれません。しかしそれは大手のサイトだからできる高価な機能かもしれないのです。まずはいろいろと競合他社や気になるサイトを調べてどのような機能が必要なのか知っておくことが肝心です。
弊社で一般的に必要と言われる機能には以下のようなものがあります。

お問い合わせフォームの機能。ただEメールや名前会社名を聞くだけではなくてチェックボックスになっていて何か項目を選んでもら機能があった方が良い場合もあります。メールマガジン配信機能で、メールを一括で送信する機能があった方が良い場合もあります。特に色々な機能が必要になって来るのはショッピングサイトです。決済の履歴や、購入いただいたお客様のリストを出力できるのかどうかなど弊社でも 多くお問い合わせをいただきます。

スマートフォン対応

スマートフォンでも見やすいように自動的にサイトの内容が自動調整されるのかどうか、と言うスマートフォン対応の機能は必須と言っていいと思います。

一般的にこのデザインの作り方のことをレスポンシブデザインと言う言い方をします。以前はパソコン用のホームページとスマートフォン用のホームページを分けて作っていましたが、今ではそれは二度手間ですので、同じサイトで1回作るだけで自動的にスマートフォンとタブレットとパソコンで表示が自動的に切り替わってどこでも見やすいように変更されるサイトが主流になってきています。
先日びっくりする信じられない話があったのですが、とある日系会社で「スマートフォンに対応したサイトを作っています」と言われてホームページ制作を注文したらただスマートフォンでも表示されるだけのサイトができてきたと言う話がありました。

パソコンと同じように表示されるので文字があまりにも小さくて音も全く読めないと言うことでした。

集客力

ホームページの集客力とは何でしょうか? 1番重要なのは検索エンジン対策だと思います。サイトを作ればあるけどは自動的にお客様を集客してくれるようなサイトがありそう的ですよね。そこで必要なのは検索エンジン対策にどこまで強いサイトを作れるかと言うことです。一般的にどこの会社も(弊社は検索エンジン対策に非常に強いです)と言うので一般の方にはどこが本当に強いのか全く判断ができません。あえて言うならば過去の実績でどのようなキーワードで今までサイトを1にしてきたのかと言う実績を聞くと1番良いでしょう。

それ以外にホームページの集客力と言うとコピーライティングがあります。要するに訪問者を魅了するような素敵な文章ですね。
ホームページで集客力を上げるために訪問下見をする文章の書き方というのはある程度セオリーが実はあります。よくある失敗ではただ自分が言いたいことだけを書くと言うサイトがありますが、訪問者の立場から訪問者が知りたい情報を訪問者が知りたい順番に書くのがあるべき姿です。

それをアドバイスできない会社はあまりオススメできません。

コミュニケーション力

ホームページ制作ではもちろん何度も打ち合わせをする必要があります。そこであなたが言いたいことが相手にしっかり伝わらないと、制作で何度も非常に苦労することになります。特にトラブルが多いのが打ち合わせ相手が日本人じゃない場合です。ホームページ制作で担当者が日本人でない場合は日本人の意図が汲み取れず、デザインのニュアンス等がうまく伝わらないことが非常に多いです。

あなたが頭の中で思い描いていることを、即座に具体的にしてくれるそういうコミニケーション能力が高いと思われる担当者がいる会社を選ぶ方が良いでしょう。

対応速度

打ち合わせの時にいろいろな質問したいことが出てくると思います。その質問内容に対してどれだけ即座に返答しまた対応してもらえるのか、その対応速度を確認すると良いでしょう。何か質問をして相手がその知識を知らない場合は、そもそも相手は勉強不足なのでホームページ制作を依頼するには少し不安ですよね。

当然その後の制作速度や完成レベルにも影響してきます。

言語能力

実際の打ち合わせでは、日本人同士で日本語で打ち合わせをすることもあれば御社が中国人担当者に作業を依頼して話を進めないこともあるかもしれません。日本語でも中国語でも打ち合わせができるホームページ制作担当者がいれば安心ですよね。いちいち通訳と言うフィルターを通して会話をする必要がないのでよりスムーズに具体的に鮮明にコミニケーションができます。
以上が、香港深セン東莞でホームページ制作業者を選ぶ場合のポイントでした。ぜひいちど確認してみてください。

香港でホームページ制作をする時に絶対確認が必要な事は何か?ご存知でない方も多いと思われます。
ここでは香港でのホームページ制作で必須なチェックポイントをご説明いたします。
ホームページアドレス(ドメイン)の取得
ホームページアドレスの取得では、一般的に香港のホームページアドレスを取得しようとする方が多いです。実は、これが様々な問題を発生させるのです。例えば、中国では.HKなどのホームページアドレスは、検閲の関係で見れないことが多いです。
また、数年前は世界で最も不正使用が多い危険なホームページアドレスとして.hkが第1位になりました。世界的にもあまりセキュリティが高くないイメージがあるようです。
それに対して.comや.net等は中国でも多く使われているホームページ等です。ホームページアドレスが決め手となってそのサイトが開かないと言った事は避けれそうです。また.comなどではなかなか欲しいアドレスが取得できないと言う問題がありますが、数字を入れることで意外と簡単に希望するようなホームページアドレスを作ることができます。
サーバー
香港の会社だから絶対にサーバーを香港におかなければいけない、といった事は実はありません。実際の体感速度としては日本にサーバーを行った場合と香港にサーバーを置いた場合では変わらないことが多いです。よくサーバー専門会社が物理的な距離が近いほど速度が速くなるということをうたい文句にしますが、そこまで大げさな事はないというのが私の過去10年間の経験に基づいた感想です。
それよりもCDNと呼ばれるような世界各地で見てもサイト速度が速くなる仕組みを取り組んでいることが肝心です。
デザイン
香港でホームページ制作をするときにどのようなデザインが良いのかと聞かれることが多いですが、実は香港はウェブサイトデザインについてはかなり遅れていると言って良いでしょう。また世界的には日本も違う国も含めて全てアメリカのトレンドに従っていく傾向がありますので、アメリカの最新サイトなどを参考にして現代風のサイトにすればいいと思います。
また現地の人は文字数が多い画像が少ないサイトが好きだと言うご意見もありますが、それは単純にサイトのデザインが古いだけだと思われますのであまり参考にしないほうがいいと思います。
機能
香港でホームページ制作をするときに必要な機能とはどういった機能でしょうか?お問い合わせ入力フォームやトップページによくある切り替え画像などは非常に便利な機能です。それ以外にもこれからの検索エンジン対策として重要なページ数を増やすと言う作業するためにもブログやお知らせの機能またよくある質問などもあったほうが良いでしょう。
これらのページを作るときに重要なのはそれぞれの項目が1ページとして表示されるようにすることです。例えばよくある質問の内容を1ページに全部書く会社がありますがそれはページ数としては1ページとしてしか認識されないのであまり良くありません。1ページに少なくとも500文字できれば今後は1,000文字以上の文字を書いて1ページ1ページ独立したページとしてよくある質問を作ると良いです。
キーワード
ターゲットが香港にいる香港人の場合は反対事のキーワードを狙う必要があります。また香港にいる日本人や日系企業が相手の場合は日本語のキーワードを優先する方が良いでしょう。そのキーワードの見つけ方ですが香港では一般的にGoogleやYahoo!が使われているためGoogleのサジェストやGoogleコンソールといったツールを使ってより購入されやすい集客しやすいキーワードを選ぶ方が良いでしょう。
例えば香港にいる日本人をターゲットにする場合は日本語のキーワードを選ぶことが重要ですが、具体的には、香港不動産」や「香港賃貸マンション」など地名を入れることも大切です。
表示スピード
ここ1年ほどでGoogleは1ページあたりの文字数や表示スピードをかなり重視するようになりました。以前はリンクが多いと有利だとかページ数が多ければ良い、といったことがありましたが、現在はまた違うトレンドがあります。
GTMetrix.comなどのサイトを使って自分のホームページがどれだけ早いのか、またスピードが遅い原因は何なのかを知ることができます。このツールはGoogle、Yahoo!などのサイトの診断を1つのページで表示してくれるかなり優れたものです。ぜひ活用してみてください。
検索エンジン対策
香港のホームページ制作で検索エンジン対策はかなり重要ですが、どの言語で現地の人はサイトを見ているのかを知る必要があります。一般的に香港人は繁体字で文字を検索します。そのため中国大陸でよく使われる簡体字でキーワード対策をしてもあまり意味がありません。
また香港で最も見られている検索サイトはGoogle Yahoo!になりますので検索エンジン対策をする場合は必ずGoogleとYahoo!でどうなっているのかを確認する必要がありますまたその場合は日本語版ではなく必ず香港版を使ってください。Googleの場合は検索結果に表示する言語繁体字のみに選択をして検索結果を改めて確認すると良いでしょう。
香港のホームページ制作について以上過去10年間にわたる経験からポイントを絞って書いてみました。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:香港・深センでホームページ制作会社を探すには

結局、香港・深センでホームページの制作会社を探したければ、香港・深センで実際に長期にわたってホームページ制作を専門に行っている会社を探すのが1番確実と言えそうですね。

香港/深センのホームページ制作香港・深センでのホームページ制作会社の選び方って?