香港/深センのホームページ制作をしてくれる会社はいろいろありますが、何がどう違うのでしょうか?

このページでは香港/深センのホームページ制作会社の違いについて徹底検証してみたいと思います。

様々なタイプ別でホームページ制作をしてくれる会社について比較してみましょう。

日系企業と香港/深センのローカル企業

香港/深センホームページ制作をしてくれる会社は大きく2つに分けることができます。1つは日系の会社、もう1つは香港ローカルの会社と言うことになると思います。
出来上がるホームページの品質やデザインレベルにもよると思いますが、一般的に香港のホームページ制作会社の料金は日系企業の平均よりも10%から30%ほど安いようです。
しかしながら日本人の目から見て許容できるデザインレベルとはあまり言えないようなデザインが目立ちます。どうしても値段優先で香港ローカルの企業を選ばなければいけない場合は、デザインレベルについてしっかりとチェックしておく必要があります。また打ち合わせも日本語ではできないので日本人が要求するデザインのニュアンスが伝わらず、ページ構成についてもコミニケーションがうまくいかず、いつまでもホームページが完成しないと言う事例が相次いでいます。
何度容器を出しても結局上通りのホームページが完成しないまま一般公開しなければならない時期を迎えてしまうと言う事は困りますよね。そういう点では日系企業は、主に向け企業を対象にビジネスを行っているので、日本人の要求に合った制作をすることができ、納期に厳しいところも安心できると思います。

日系企業にも色々ある?

そこで、日系企業を探そうとすると、実にいろいろな会社がホームページ制作も行っていることに気がつきます。デザイン会社やシステム開発会社、ポータルサイト運営会社など、本業ではないけれどもホームページ制作を行っていると言う会社は実にたくさんあります。その一方でもちろんホームページ制作を専門にしている会社も存在します。
これらの会社は何が違うのでしょうか?
タイプ別に見ていきましょう。

デザイン系会社

まずは、デザイン制作会社です。
会社パンフレットや名刺、ロゴデザイン等のデザイン制作を行う会社がホームページを制作することがあります。この場合、当然ながらデザインに重きを置いたホームページ制作になります。という事は、検索エンジン対策でネット集客する方法などについて、あまり期待できません。
いくらデザインが良くても、会社名で検索してもなかなか見つからないようなホームページでは存在の意味があまりないのかもしれません。

サーバー管理会社

サーバーにデータ管理をしている会社が、ホームページ制作をすることがあります。主にホームページもできるんだったらお願いしますと言う形でついでにお願いされ、その業務を始めた会社が多いようです。多くの場合において、サーバーデータ管理とホームページ制作は全く異なるプログラミング言語を使うこともありノーハウが全く異なるので外部委託している会社が多いようです。
直接紹介してもらうのならいいかもしれませんが、その会社を通してホームページ制作をしてしまうと、その分だけ手数料が多くとられてしまい、直接委託された外部発注先と打ち合わせもできない、といったようなことが可能性としてあります。そのためメリットはほとんどないです。

システム開発会社

システム開発外車はプログラミングをいくつか行きますが、やはりホームページで主流になっているログラミング言語を使うわけではないので、ホームページ制作ノウハウはかなり古いものになっていることが多いようです。
手元にある知識だけで無理矢理ホームページを作ろうとするので、もちろんデザインレベルは高くなく、さらにインターネット集客等についても詳しくありません。とりあえず何とかホームページの形にするといった感じでしょうか。

情報ポータルサイト運営会社

最近では情報ポータルサイトを運営している会社がホームページ制作を行うことがあります。そのポータルサイトのデザインを見てまた使いやすさを見て、その会社がどういったホームページが制作できるのかをある程度推測できます。

ホームページ制作専門会社

最後にホームページ制作を専門に行っている会社があります。香港でホームページ制作を専門に行っている会社はわずかしかありません。見つけたらまずは問い合わせをしてみると良いかもしれません。専門に行っているだけに、デザインレベル、開発能力、検索エンジン対策でインターネットから自動集客してくる力などが期待できます。
そして香港でホームページ制作を専門に行っている会社には大きく分けて2つあります。

日本に本社がある会社

まず1つ目が、日本に本社があって遠隔的にホームページ制作を行う場合です。直接打ち合わせが香港でできないなどのデメリットがあります。また現地の言語に詳しいわけではないので、データのやり取りやホームページ納品時のチェック等の点であまり期待できません。
また実際にホームページ制作では対面で打ち合わせをした方がスムーズに進行できるので、頻繁に対面で打ち合わせができないとなるとかなり不便です。

香港現地創業の会社

もう一つが香港で創業した日系のホームページ制作専門会社です。セカイウェブ等が創業12年以上になるので信頼できるかしらと思います。
現地でスムーズに対面で打ち合わせができるだけではなく、現地の言語も使えるので、ローカルスタッフへ作業を引き継いだ後もスムーズにアフターフォローができるのが大きなメリットです。また、日本に本社を置く会社よりも30-50%ほど金額がやすくなりますので、コスト面でもメリットがあります。

まとめ

こうして客観的にいろいろな要素で見ると、香港現地でがんばっている日経企業が1番コスト的にも、品質やコミュニケーション面でもベストな選択のように思われますね。