ン構成になってしまうなどのトラブルが絶えないようです。また日系企業だと2、3年で消えてしまうほとんど個人運営のような会社ばかりで、長く運営している会社は非常に少ないので安心できる良い会社を選ぶ必要があります。

東莞でのホームページ制作会社の探し方

東莞ホームページ制作や東莞ホームページ制作会社といったキーワードでまずは日本語または中国語で検索してみると良いでしょう。東莞ホームページ制作などのキーワードで上位に表示されてくるサイトは当然東莞で力を入れて営業している会社なのでトンガを含めたローカルの事情に詳しい会社と言うふうに言えると思います。また日本でホームページ制作会社を探してしまうと、複数の言語で表示をする際に中国の最新ノウハウがないのでいろいろなトラブルになりがちです。
中国では、中国の地図を表示するだけでもその個人認証や設定方法等がコロコロ変わり事情に詳しいできれば中国はよくわかる担当者のいる会社じゃないと、表示エラーの問題が起こりやすいです。

東莞でのホームページ制作での集客

東莞でホームページを使って集客をしたいと考えるかはおそらく製造業が飲食関係かもしれません。飲食関係だとホームページ経由で日本人顧客を獲得するのはあまり理想的な手段では無いかもしれませんが、全く集客できないわけではありません。例えば、ポンカンは意外と日本からの出張者も多く、その多くの方々が打ち合わせや夕食に中華を食べ飽きたので日本食を食べたいと思う方は結構多いのです。
東莞日本料理 というキーワードは、東莞和食といったようなキーワードで日本料理屋を検索する方は意外と多くいます。ここで集客の考え方なのですが、例えば東莞日本料理 加藤と柚木はどう検索してる方が毎月200人いるとしたら、検索で1位になった場合、200人が全員サイト見てくれるわけではありません。
それはホームページのタイトルや検索画面の文字される文章の書き方によってはクリックされたこともあり実際は60%から70%位と言われています。毎月約200人検索しているキーワードだったら、検索で一位でも見に来てくれるお客様は120人から140人ほどと言うことになります。
そして実際にお店まで来てくれる方は3-8%でしょう。5人から13人ですね。それらの方々が友人会社関係者を連れて1ヶ月の間に来てくれる事になります。
当然新規のお客様を毎月追いかけ続けるのは大変な事ですので、そのお客様がリピーターになるような工夫がお店側にも必要になります。

一方製造業の場合はどうでしょうか?
製造業の場合、成約した場合の単価が大きい事もあり、ホームページでの集客は本領をかなり発揮できます。この場合よくある失敗がキーワードを曖昧に選んでしまうというものです。「東莞 OEM」などを選んでライバルだらけのキーワードに乗り込むよりも、「東莞 OEM 精密機器」と言ったようなトリプルキーワードにしてターゲットをしっかり絞った戦略が必要です。
製造業ホームページだとターゲットを絞り込めていないものが多く、問合せ率は訪問者数に対して1-8%ほどでそこからさらに成約するのは10-30%だと思われます。

東莞でのホームページ制作の目的

東莞でホームページ制作の目的を聞かれた場合に、「集客」「カタログがわり」「ホームページもないと信用がない」と言ったことがあげられます。
確かに、古い汚い印象のホームページだと問い合わせする気になりませんよね。好印象のホームページになるようホームページ制作会社と相談した方が良いでしょう。

東莞でのホームページ制作の効果

東莞でホームページを作った際の効果についてはどこのホームページ外車に依頼をしてどう作るかによります。ホームページ制作専門で業務を行っている会社なら様々な集客ノーハウがあると思いますが、メインでホームページ制作をしてない会社は片手間でやっているまたは外注しているケースが非常に多く「その機能や検索エンジン対策はできます」と表面上言っていても実際は全くできないと言うことがかなり多くあります。このような失敗を私自身がかなり聞いてきているので、ホームページ専門会社以外は本当にオススメできません。

以上、東莞のホームページ制作について色々と書いてみました。ご参考になれば幸いです。