スマホでチェックしたメールがパソコンでは未読になっている...同じメールを何度もソリスのは面倒ですよね。

今回は、IMAP同期などの特殊な機能使わずに、簡単に未読/既読を同期する方法の紹介です。

と言っても方法はとっても簡単です。

すべてのメールアドレスをいちどGmail上へ集約して、スマートフォンでもGmailでもGmailを使ってメールをチェックするのです。

使い方はこちら
http://www.atmarkit.co.jp/ait/spv/1401/29/news073.html

慣れないうちはメールソフトと使い勝手が違うので戸惑うこともあると思います。

それでも以下の機能を活用すれば、使いやすさとメリットの方が大きいと思います。

1、オフラインGmail機能(パソコン用)
GmailではオフラインGmailという機能があります。
最大1ヶ月分のメールをオフラインGmailの機能でパソコンに保存することができます。

そうすればネットが使えない環境でもメールをチェックしたり送信処理をすることができます。送信したメールはオンラインになったら自動的に送信されます。

2、左右のスワイプを活用(スマホ)
「メールを右にスワイプするとゴミ箱行き」のような設定でサクサク処理できます。

3、アーカイブ機能を使う
「処理は終わったメールだけどゴミ箱ではなくてちゃんと保存したい。でも受信箱は未処理メールだけにしておきたい」という時はアーカイブ機能です。

処理済みメールは「すべてのメール」フォルダには保存されたままですが、受信箱からは姿を消すので受信箱がスッキリします。

なお、中国では直接Gmail見れませんのでVPNサービスを使って中国にでも海外のサイトが見れるようにしておく必要があります。

例 Cloud Ark VPN
https://appsto.re/jp/GJsp2.i

これを機会にoutlookを捨ててGmailのみで活用するというのもいいかもしれません。

私はこの方法を2年以上使っていますが非常に便利に感じています。