中国から香港へ、または違う国から香港に入る場合など指紋認証だけでイミグレーションを追加できる Eチャンネルはすごく便利ですよね。

意外と知られていないその申請方法ご説明いたします。

まずは申請するための条件は以下です。
18歳上であること
訪問ビザがあること
旅行関係書類(エアチケットや、その関連書類)があること

写真を撮ってくれて、シールを貼り、パスポートスキャンをして記録してもらい、最後に使用者登記にサインをして終わりです。
香港空港から香港に入る場合や、中国から香港に入る場合には必ず香港のイミグレーションがありますが、そこでいつもならばされるのは凄く大変ですよね。

最近では外国人でも簡単に指紋認証の申請ができるようになっています。

これがあるともう香港のイミグレーションは並ぶ必要がありません。

ここではその方法をご説明いたします。

ちがう国から香港空港に到着したときに香港空港の到着ゲートのところで申請する場所があります。

中国人なら他の場所でも申請する場所があるのですが、外国人ではここしか申請するところがありません。

この場所見つけたら、並んで順番が来るのを待ちます。

必ず自分がEチャンネルを申請する条件を満たしているかどうか確認する必要があります。

自分の順番が来たら相手が支持するままに以下の手順で作業します。

パスポートを渡す
写真を撮る
指紋を認証してもらう
書類にサインをする

後はパスポートのスキャンや事務処理が終わるのを待ちます。

この間わずか5分未満です。

日本人の場合は、過去に香港を行き来した記録が参加以上あるパスポートもっていくだけで問題ないと思います。

ぜひ申し込みをしてみてください。