朝5時起きになる為の5つのステップ

朝がどうしても起きれない…なんていう事はありませんか?
私自身ずっとそのような悩みを持っていました。

しかし、昨年早起きで成功している人とたくさん出会うことにより良い刺激を受け、現在では5時になると目覚ましが鳴らなくても自然と目が覚めるようになりました。

その、ようやくマスターした早起きのコツをまとめたいと思います。

1、早起きで成功している人の話で刺激を受ける
早起きをしてメリットを感じている人の話を聞くと、良い刺激を受け、早起きを始める良いきっかけになるでしょう。

2、自分の平均睡眠時間を把握する
そもそも自分が何時間寝る必要があるのかを知らないと、5時に起きるために何時に寝れば良いのかを計算することができません。
眠る直前に時計を見て時間を図ることでこれを理解することができます。私の場合は7時間半でした。
3、深い睡眠を取る
アルコールや食事を睡眠前にとると寝付きが良くなるかもしれませんが、浅い眠りなってしまい疲れが取れません。学薬眠るためには睡眠の2時間前にはアルコールは摂取するのは止めた方が必要です。
4、早く寝る方法を考える
早く寝るためには何をすればいいのかを知っておくと役に立ちます。
一般に知られているものでは、以下のようなものがあります。
熱いシャワーを浴びる
運動で疲れさせる
睡眠前には飲食をしない、特にアルコール。

5、宣言する
自分が尊敬する先輩や周りの友人に早起きをすると宣言してみましょう。そうすると出会うたびに「その後早起きはどう」と質問されるので良い刺激になります。

6、1度起きれたらアクションを!
1回でも早起きに成功したら、誰かにメールやチャット送ってみると良いでしょう。早起きですねすごいですねなどと褒められると、もっと頑張ろうと思えるかもしれません。

私自身は上記の方法で、数カ月かかりましたが早起きができるようになりました。
皆様ぜひ試してみてください。