中国でついに代行購入が違法になる!

中国で代行販売が活発なのは、多くの方も今は知ってるかもしれません。

日本やヨーロッパアメリカなどに旅行した際に、チャットアプリWeChatなどで「何か必要なものがあれば代行で購入してきますよ」とメッセージを流し、代行で購入してくる代わりに何%とか追加料金を要求して利益を得ると言うお小遣い稼ぎのような行為です。

実は、日本企業もこの恩恵を多くこうむってきたと思われます。中国では全く営業しておらず無名だったはずの日系企業の商品が、中国で突然どんどん購入されましたし、もちろん爆買いの一端を担っていました。

ところが今後はこれが違法になります。

具体的に言うと、日本で代行購入をしたい場合は、中国と日本と両方で営業許可証が必要になる可能性があるのです。現在具体的に発表された内容は以下です。

なお2019年1月1日から正式に有効となる新しい法律です。

1、香港での代行購入には営業許可証が必要であり、また 、香港と本土の両方の営業許可証がなければならない 。
2、規制に従って税金を支払う必要がある
3、 国家認証認証管理工場で製造されたミルクパウダー/ヘルスケア製品でなければ 、中国のラベルで販売できません
4、購入は、一度違反すると最大の200万元の罰金となり、厳格な監督の対象となります !

罰金金額もこれほど高いと、リスクがありすぎてとても代行購入をしづらくなりますね。

今後も友人のために代わりに買ってきてあげると言うのはあるかもしれませんが、仮にその友人が港湾局作った場合などは、やはり罰金になるので、たとえ友人の頼みでも買い物しづらくなるかもしれませんね。

中国で営業している日系企業には追い風

逆に中国で既に法人を設立して販売を行っている企業にとっては、価格を下げて販売をしている代行販売の会社が消えてくれるので、良いニュースかもしれません。

また、偽物が代行販売と言う名目で売られているものに対しても、圧力をこの法律によってかけることができるので、便利ですね。

例えばタバコで自社の商品が勝手に代行販売されているものを見つけたら、「御社の商品は営業ライセンスを取らずに代行販売している」と告発できます。

「港湾局へ告発すると最大2,000,000元の罰金となります。販売を中止してください。」とメッセージを一言流すだけで販売を取りやめてもらえる可能性が非常に高くなります。

中国人の爆買いがなくなる!?

では中国人の爆買いはどうでしょうか?自分や家族、友人のために代わりに購入してあげると言うのは発覚しにくいですし、通告もされる事はないでしょう。

しかし、これまでならそんな友人にWeChatなどで告知していたのが、今後は告示されしづらくなります。そのためやはり爆買いが減少傾向になるのは避けられないと思われます。

結局、中国の思惑としては、「なるべく海外ではなく中国国内で買ってほしい、それもできれば中国企業のもの買って欲しい」というのがあるためこういう方向になるのだと思います。そう考えるとこういう法律が出てくるのは必然だと言えますね。

中華人民共和国の電子商取引法

中国タグがないと、国家認定工場生産ではないということで、 乳製品を販売できません。

2018年10月1日前後には、これに絡み、中国の各イミグレーションでパニックが大発生したのをご存知ですか?

大きなスーツケースを抱えている旅行者は片っ端からスーツケースを開けさせられ、申告がなされてないものや同じ商品を複数購入している場合など、片っ端から追加徴税されていたようです。

中には身につけている時計が新しく見えるだけで、「これは実は新しく買っただろう」と言いがかりをつけられて、税関の計算方法で税金がかされるという案件も大量に発生しました。
高級品を身に付けている人は大変だったはずです。

ちなみに、私自身も中国国外から香港経由で深センに戻ったのですが、あまりにも早朝だったため検査を全く受けずにスムーズに帰ってくることができました。

このように2019年1月をまたず、すでに税関でのチェックが始まっており、それを受けて海外や香港からものを持ってきて販売していた店舗もどんどんその商売をたたみ始めています。

目安としては5000元以上のものがある場合、税金を追加する傾向があるそうです。

中国の代行購入はこれでもう終わったと言う感じですね。逆にこれから正式なライセンスを持って販売してる方はいい機会となりますのでぜひ頑張っていただきたいと思います。