はい、もちろん可能です。弊社では95%以上の政策を複数言語でなっております。これまで製作してきた言語では中国の簡体字繁体字、英語、韓国語、アラビア語まで豊富にございます。