飲食店が香港・深センでホームページを制作するのって意味あるの?

利益が上がっているけれどもちゃんとしたホームページを持たない飲食店はまあまあ存在します。飲食店はホームページが本当に必要なのでしょうか?また必要なとしたらどういったメリットがあるのでしょうか?
ここでは香港・深センで飲食店がホームページを制作する目的とそのメリットについて話をしてみたいと思います。

インターネットで集客するには?

集客するためにホームページを制作したいと言う方が圧倒的に多いようなのでインターネットで集客する方法について考えてみたいと思います。インターネットで集客するためには、Yahoo!やGoogleなどの検索サイトで上位に表示されることあります。またインターネット広告を打つと言う方法もありますね。ポータルサイトに広告を出してもらったり、自分で顧客等にメールマガジンを送信するという方法もあります。最近ではFacebookやTwitter 、WeChatなどのソーシャルツールを使って集客すると言う方法も目立ってきます。
それぞれそれなりに集客能力があります。
香港・深センでは様々なキーワードで飲食店が検索されているので、ホームページで検索で上位に来ることができればもちろん集客する力はあると思います。

香港・深センでホームページで集客するには

では香港・深センで実際に飲食店がホームページ集客するには何から始めればいいでしょうか?まずは香港・深センで実際に検索されている際どで検索エンジン対策をすることが大事だと思います。誰も見に来ないホームページは存在しないのと同じなので、そもそもホームページを作る意味がなくなってしまいます。
例えば日本人ターゲットにしている場合は香港・深センレストランなどこのような地域名が入ったキーワードで狙っていくと良いでしょう。逆に香港・深センローカルの方をメインターゲットにしている場合は、より限定された地域名で検索対策をすると良いでしょう。
香港・深センというキーワードを使うよりもチムサーチョイというキーワードを使う、という感じです。

他にもホームページはこんなふうに活用できる

それ以外のホームページの活用としては、メールマガジン配信やFacebookの連動Twitterとの連動等も可能です。また割引クーポンの発行等のホームページを通してできると思います。
最近では1日あたりの文字数が多いサイトほど検索で上位に来る傾向がありますので、飲食店では、新しいメニューなどのブログをどんどん更新していくと良いでしょう。

飲食店が作成すべき7つのページ

ではここでより具体的にどのようなページを作ればいいのかと言う話をしましょう。
もちろんまずはトップページが必要ですね。次にお店に来てもらうために他店とは違う「強み」とオススメのメニューをしっかり伝えることだと思います。

「なんか頭にこびりついて離れない」

そんな印象を与えるような魅力溢れる写真と紹介文を是非トップページに載せてください。

「当店のこだわり」と言う形でトップページとは別でページを作ってもいいと思います。

次にメニューに関するページです。
ホームページを制作した後は、日常業務に忙殺されてページの更新ができなくなっているのが現状です。
そのため、更新頻度が高くなってしまうようなメニューは最初はあまり載せないほうがいいかもしれません。もしの定番メニューだけ掲載誌、季節のメニューや限定メニューなどは最新のお知らせのページで画像付きで説明するといいでしょう。

後はフランチャイズ展開など考えられている場合は、パートナー募集と言うページを作っておくと良いでしょう。意外と問い合わせが来るケースが多いようです。

これらのページ以外に会社概要のページは必ずしもだと思います。代表挨拶や交通アクセス、会社の詳細データのページなどを切り分けて独立したページとしてそれぞれ作っても見やすいサイトになります。

何語で飲食店ホームページを作るのか?

香港・深センでホームページを作る場合、言語をどこまで増やすかという問題に直面します。
香港・深センだから繁体字(多くの方が広東語と言っていますが文字表記でいうと繁体字と言うことになります)はおそらく必要だと思います。
それがに日本人がターゲットであれば日本語は必要だと思います。またそれ以外の国の人も結構多く来客する場合は英語もあったほうがいいと言うことになります。その一方で日本人と香港・深セン以外に中国大陸からのお客様も多い場合は中国語の簡体字(中国大陸でよく使われている文字表記)の方が英語よりも重要かもしれません。

まとめ:香港・深センで飲食店のホームページを作るために

最後に香港・深センで飲食店のホームページを作る場合に、1番重要なのはその目的だと言うことをお伝えしておきたいと思います。何のためにホームページを作るのか?ここの軸がぼやけていると、ホームページ制作の会社を探すところからつまずいてしまいます。多くの方はまずはホームページでも集客をして、さらにチェーン展開や営業などの面でホームページが体裁上もあった方が良いと言う方が多いようです。