中国で中国のサーバーを使用したい場合や、中国でネット広告を打ちたい場合などは、政府への申請が必要です。この申請を「ICP証明書の申請」といいます。

ここでは、その申請についてご説明します。

 

ICP証明書(電気通信および情報サービス事業ライセンス)の取得

ICPとは、Internet Content Providerの略で、インターネット情報サービスと付加価値サービスを幅広いユーザーに提供する電気通信事業者を意味します。

ホームページを所有しており、中国のサーバーを使う場合、ICP証明書は所持しなければならない証明書です。 ICP証明書とは、現地の通信管理部門が発行した「中華人民共和国電気通信および情報サービス事業免許証」のことで、北京ICP証明書は北京市通信管理局によって発行されます。

 

法的規定

国務院の命令第291号「中華人民共和国の電気通信規制」および第292号「インターネット情報サービスの管理措置」(ICP管理措置と呼ばれる)に従い、インターネット情報サービスを提供するICPのための免許制度です。

ICP証明書はWebサイト運営のためのライセンスであり、「インターネット情報サービス管理措置」により、運営するWebサイトはICP証明書を申請しなければなりません。

「インターネット情報サービス管理措置」に従い、これらの措置の規定に違反して、ビジネスライセンスを取得することなく、許可なしに運用インターネット情報サービスに従事すること、または許可されたプロジェクトを超えてサービスを提供すると、期限内の修正および違法収入を没収することがあります。違法な収入の3倍以上5倍の罰金になることもあります。

10万元以上100万元未満の罰金、状況が深刻な場合は、ウェブサイトを閉鎖するように命令されます。

電気通信サービスに関しては、次の条件が満たされなければならない:

(1)運営者は法律により設立された会社。
(2)事業活動を遂行するのに適した資金および専門家がいる。
(3)ユーザーに長期的なサービスを提供する信頼性または能力を有する。
(4)中央政府直轄の州、自治区または自治体内での事業の場合、最小登録資本金は100万人民元であり、中央政府直轄の国家または州間、自治区または自治体内での事業の場合、最小登録資本金は1000万元。
(5)必要な施設および技術的解決策。
(6)当社およびその主要な出資者ならびに主要な管理職員は、3年以内に電気通信監視および管理システムの違法記録に違反していない。

ICPライセンスの申請に必要な資料

登録資本金:100万を超える、独立した企業体を有する
(1)会社の法定代理人によって署名された付加価値電気通信事業の運営のための書面による申請書。
(2)ICP登録登録フォーム
(3)会社の営業許可証のコピーおよび会社の正式な印鑑のコピー。
(4)会社概要会社の基本的な状況
(5)過去1年間に会計事務所によって監査された財務報告書または資本確認報告書
(6)定款、当社の株式保有構造、および株主の関連情報。

ICPビジネスライセンスに必要な材料:

1。ビジネスライセンスのコピー
2。組織コード証明書のコピー
3。法人および株主IDカードの写し
4。会社の定款および資本確認報告書の写し
5。主な管理職および技術要員情報(教育証明書、履歴書、身分証明書、5名)
6。ホスティング契約書の写しおよびホスティング事業の免許証の写し(保管人が北京支店の場合は、北京支店の北京申告書の写しが必要です。四大事業者の北京支店の場合は、支店の免許証のコピーが必要です)
7。会社概要(主な事業タイプの紹介)

取得には、数週間かかることもあります。

なるべく早め早めに申請することをお勧めします。